10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と次にゃん銀平の成長を綴っています。
2013年08月08日 (木) | 編集 |
今日も関東地方は猛暑です。
つい、冷房の効いた部屋にこもりがちですが、お外の猫さんは大変。

駅前の外猫アスラン(みんなはコロッケと呼んでいる)は高齢ながら、
毎日頑張って過ごしています。

そんな中・・・
やはり駅前にいつもいるホームレスのおばさんの元に、
数日前1匹の子猫が置いていかれました。
生後2ケ月くらいの黒白の子。
高校生くらいの女の子が連れてきたと。

私がその子に気づいたのは昨日の朝の出勤前でした。
ツツジの植え込みの中にタオルの上に横たえられていたので、
それまで気づかなかった。

車にひかれたらしく骨折とひどい傷で、
両目にも障害がありました。
それでも、一生懸命鳴いて生きようとしていました。

おばさんに、明日休みなので病院へ連れて行きましょうか、と声をかけると、
おばさんは頭を下げて、お願いします、と。
それでも早い方がいいと思い、母へ電話して病院へ連れて行ってもらいました。

昼休みに、母に電話してどうしたか聞くと、
もう手の施しようがないので、安楽死にしてもらったと。
え?ちょっと待って。そんなの聞いてないよ。

助けてあげたかったのに、悲しくなりました。

でも、あのまま外で死んだり、生きたまま保健所に連れて行かれて処分されたら、
そう考えると、最後に病院で父に体をさすられながら静かに眠り、看取られたのだから、
よかった、と思うようにしました。

私は昨日の朝、ほんの一瞬しか会えなかったその子にクロタンと名前を付けて、
ずっと忘れないように、このブログに記録を残そうと思います。

 天使のなったクロタン。
黒い小さな天使だね。
幸薄い子だったけど、今は苦しみから解放されて
虹の橋の先輩たちに迎えられているといいな。


2012-06-26 15.04.19 (360x270)

こちらは、アスランくんです。

コメント
この記事へのコメント
クロタン・・・
うんうん、私も覚えておくことにします。
クロタンが生きていた証として・・・。
きっと、優しい人の手の中で静かに虹の橋に行けたのは、せめてもだったと思いますよ!
それでも、ひとつの命が消えてしまったのは哀しいですね。
先日亡くなってしまった勤務先近くの地域猫。あの子もきっと虹の橋を渡ってると思うから、
今頃会えてますよ、きっと!!!
2013/08/09(Fri) 01:51 | URL  | マク #-[ 編集]
おつらかったですね・・・
クロタンにはゆーめくさんの想い、何とかしたいと思った方々の優しさが
しっかり伝わっていると思います。
がんばったクロタンへ、安らかでありますよう お祈りします。

またこの世に舞い降りて、幸せな一生を送れますように。

2013/08/09(Fri) 18:24 | URL  | カペリ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック