10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と次にゃん銀平の成長を綴っています。
2009年07月07日 (火) | 編集 |

私の不注意から熱を出してしまった大助ですが、

今日2日目の通院でお薬(抗生物質)を5日分いただきました。

(ちょっと多いのでは?と思いましたが)

うちの場合、薬を飲ませる時は、

注射器型のスポイトで、喉を目がけて一気に発射します。

この方が、フードに混ぜるよりも確実です。

P1140377.jpg

昨日の記事のコメントでmakoさんから、

大助がどんな感じで具合悪そうにしていたか、という質問をいただきました。

ます、食欲がない。

大好きな物に興味を示さない。

そして、私達に構われるのがうざったい、といった感じで、

誰もいない部屋の片隅で寝ていました。

 

今日は昨日よりも、本来の大助らしさを取り戻しています。

私、日々反省。


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
大ちゃんの症状、教えていただきありがとうございます。
ネコ飼いの面々の参考になります。ちなみにネコ用体温計ってお持ちなんですか?
確かに、体温を確認したいときってありますもんね。人と同じで。。
急にこのような症状が出たら、ホント心配になると思います。
大ちゃん、早くよくなってね!
2009/07/08(Wed) 01:38 | URL  | mako #kYWy6.4o[ 編集]
うちは錠剤だったら口を開けさせて咽の奥にぽとん、
そして、すかさず針の無い注射型スポイトでお水をチューっと。
粉薬のときは水に溶いたお薬を、注射型スポイトでちゅっと!
あの注射型のが無いと、お薬あげるとき困っちゃいます(笑)
大助ちゃん、だいぶよくなったようで何よりです!
2009/07/08(Wed) 02:38 | URL  | マク #-[ 編集]
うちも以前、薬を飲ませる時に食事に混ぜるものだったんですが・・
食べなくて大変でした^^;
症状とお薬の飲ませ方、参考にしたいと思います。
大助くん、早くよくなってね~
2009/07/08(Wed) 08:45 | URL  | ぷんちゃんママ #-[ 編集]
よくなってなによりです
あ そうだった なんて失敗ありますからね
でも それを早めに気づいてあげることができたんですから
リカバーをきちんとやれば
大丈夫ですってば
2009/07/08(Wed) 09:05 | URL  | gon3rou #-[ 編集]
ウチの場合、レンのお薬は……
後ろからレンを、お座りポーズで押さえこみ、口をこじ開け……
喉の奥に錠剤を放り込んで、口を閉じで、喉をなでなで。
これで、ほぼ確実に飲んでしまうので、簡単です。
が、タカヤは……どうだろうなぁ。
未だかつて、薬を飲む事態になったこと、ないので、判らない(汗)
2009/07/08(Wed) 10:17 | URL  | あめぶら #-[ 編集]
ウチも薬は飲ませやすい方なんですが
慣れると飲んだフリをしてきます・・・
あの注射器型スポイトは便利ですよね♪
大助君、元気になってきてるようでよかったです(^_^)
2009/07/08(Wed) 10:30 | URL  | タラ #-[ 編集]
はいたり・・・
  猫も年と共に賢くなって、薬を飲ませても根性で吐き出したり
するのでトホホです。。大助君若いし、治るのもも早いと思いますよ。
 けんとが1才くらいの頃、知識が無くてカリカリが原因で尿路結石に
なってしまい、悔やんだことがありました。
 こうやって、記事にすることで気がつく人も出てくると思います。
参考になります。私の方でも注意喚起の記事書かせて頂きますね。
2009/07/08(Wed) 12:48 | URL  | ねこむらみるく #-[ 編集]
大助ちゃん、元気になってきて良かったです。
注射器型のスポイト、いいですね。
いつもフードに混ぜて、食べるまでじ~っと
見張ってました。
2009/07/08(Wed) 20:02 | URL  | Kelly #-[ 編集]
☆みなさまへ
薬の飲ませ方も、さまざまなんですね。
うちも最初はフードに混ぜていたのですが、食べなければアウトだし・・・
そこで、1人が抱っこしてもう1人が、ノドにむけで発射する、方法をとりました。
makoさんの質問にありますが、ネコ用体温計は持っていません。
というか、具合が悪くなったら、すぐに病院へ連れて行きます。
そこで、先生がおしりに体温計を挿すのですが、ネコ用なのかどうかは不明。
熱がある時は、抱っこした時にいつもと違うと感じるのと、耳がだいぶ熱くなります。
2009/07/09(Thu) 00:52 | URL  | ゆーめく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック