10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と弟猫たちの成長を綴っています。
2008年06月29日 (日) | 編集 |

昨日掲載できなかった記事です。

↓ ↓ ↓

今年もめだかの卵取りの季節がやってきました。

以前は室内で水槽にブクブクを付けて育てていましたが、

去年からは、浮草を入れた瓶にお引越しをしました。

この方がめだかにとってもいいみたい。

結構うちのめだか達、体が大きく長生きです。

P5180039.jpg

↑ この左手前にちょこっと写っているヤツです。

ちょっとそこの方、どいて下さる?

 

丸い瓶の中に親めだか達がいます。

そして、右のバケツに卵が付いた浮草を移し、孵化するのを待ちます。

P6280342.jpg

バケツの中で生まれた子めだか達は、

水槽の中である程度大きくなるまで育てます。

まさに、めだかの学校ね。

 

P6280341.jpg

 ↑    ここから、ここへ     ↓

P6280340.jpg

この中で全部が孵化したら、

再び卵の付いた瓶の中の草と、卵の取れたバケツの草を入れ替え、

第二弾の卵達が孵化をするのを待ちます。

  (この繰り返しです)

 

物置から子めだか用の水槽を出しました。

P6280336.jpg

フンフン・・・こりゃ何かニャ?

 

P6280338.jpg

大助は、お手伝いはしなくていいからね~

 

こうしてバケツの中の子めだか達は、無事に水槽へとお引越しをしました。

P6280348.jpg

ボク、どかされたニャ・・・

 

めだかはとても増えるので、ご近所の方々にお分けしたいと思っています。

マンションの掲示板にでも掲載させてもらおうかな。


コメント
この記事へのコメント
うちの母もめだか好きです(笑)
今はちょっと忙しいので飼ってないんですが、数年前は親を数匹でやってまして、でもちょっと弱いというか産卵がへたというかなかなか卵が取れず…。
透明な卵の中に目がわかるようになって、いよいよって頃になると中でくるっと回ってるんですよねー♪
2008/06/30(Mon) 20:59 | URL  | ichimi #r3s1FX96[ 編集]
ichimi さん
めだかの卵取りは、浮草を使うと以外と簡単ですよ。
そうそう、孵化寸前のめだかは、卵の中からこっちを見ていますよね~ 不思議。
2008/07/01(Tue) 00:05 | URL  | ゆーめく #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック