FC2ブログ
10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と次にゃん銀平の成長を綴っています。
2017年12月04日 (月) | 編集 |
マンション敷地内でお世話をしていたタイガがいなくなりました。
秋くらいから急に体が小さくなり、
ああ、ずいぶん高齢なんだな、とその時思いました。

2017-10-21 22.12.28

去勢手術後も縄張りを守っていて、
かつではボス猫のように大きな身体だったタイガ。


2013-12-05 23.14.37 (360x270)

美しい三毛猫ミケちんの夫。


2013-12-05 23.08.37

そして、多分、ちいちゃんのお父さん。
3匹の避妊去勢手術後も、
仲良し親子のところに時々姿を現していたタイガ。

不思議なことがありました。

ミケちんが交通事故で亡くなった後、
ひとりぼっちになったちいちゃんの側に、
タイガが頻繁に来るようになりました。
ちいちゃんを守るかのように。

ちいちゃんがうちのベランダに来るようになったら、
姿を消したタイガ。
まるで我が家に息子を託したかのように。

2年半前に、ちいちゃんが突然いなくなり、
しばらくしたらタイガはまた戻ってきて、
マンション敷地内に住み着くようになりました。

そして、今はみんな、いなくなってしまった。

地域猫も高齢になる訳で、避けられない現実ですよね。


2017-09-13 14.07.33

自由はおうちの中だけでも、
お外の世界を知らなくても、
穏やかに暮らしてほしいと願う飼い主です。


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/12/05(Tue) 12:50 |   |  #[ 編集]
外で生活しているというだけで、
暑さ寒さや交通事故などで、
ネコは寿命が短くなってしまいますよね。
タイガくん、体が段々小さくなってきていたということだから、
体力も弱っていたんでしょう。
どこか人目をさける場所に潜り込んでしまったのでしょうか。
毛並みを見ても、随分年をとってきて、
弱々しい感じがしますね。
いつかは・・・とわかってはいても、寂しいですね。
猫は、やはり家でぬくぬくとすごさせてやりたい。
外で自由気ままといっても、やっぱり猫は人のそばで生きる動物なんだと思います。
外猫さんを、みんな暖かい家に入れてあげたいなぁ・・・
2017/12/07(Thu) 00:27 | URL  | マク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック