10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と次にゃん銀平の成長を綴っています。
2016年07月06日 (水) | 編集 |
2006年3月16日生まれ。
2006年5月25日うちの子記念日。

2007年3月16日、1歳のお誕生日にアンテノールのケーキでお祝い。
ローソクを1本立てて突然部屋の電気を消したら、
びっくりして、おもらししちゃったね。

あの時は、驚かせてごめんね。

V6010020.jpg

また、10年前の日常から、少しずつ思い出していきます。
このブログを続けていてよかった。
いつだって大助に会える。私の宝物になりました。

思い出すことは悲しいことじゃない。幸せな10年間だったから。
いいえ、これからも幸せ。だって、ずっと一緒だから・・・

ね、大助くん。
お姉ちゃんの、大事なニャンコ。。。ありがとうね。

コメント
この記事へのコメント
小さい大助くん、可愛い~(^-^)
心の中に生きているうちは、まだその心の中に存在するので、亡くなってないんですって。
私の家の先代猫のパジェも、いまだに心の中に生きています。
残念に思うことは、もっとパジェの写真を撮っておけばよかったなってこと・・・。
家のデジカメはあったけど、あまり使わなかったんですよね。
ハルが来ることになって、やっと自分用にデジカメ買ったのでした。
今後も可愛い大助ちゃん、楽しみにしてます。
2016/07/07(Thu) 00:28 | URL  | マク #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック