10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と次にゃん銀平の成長を綴っています。
2016年07月02日 (土) | 編集 |
皆さま
大助と私にあたたかいコメントを寄せていただき、ありがとうございました。
7月1日、無事に葬儀を終え、虹の橋へ送り届けることができました。

2016-07-01 07.10.53

亡くなったその日の夜は、このベッドで一緒に眠り、
送り出すその時まで、お外の景色を見せました。
鳥さんも来て、おんもが好きだったよね、大助。


2016-07-01 09.42.22

本当に、亡くなる直前まで普通に生活していて、
朝ご飯も食べて、いつも通りに暮らしていたね。
家族全員いたのが嬉しかったのかな。
廊下を行ったり来たりしていたね。


2016-07-01 18.41.08

大助のことはずっと忘れないからね。


PC220502.jpg

皆さま、今まで応援ありがとうございました。
でも、このブログは閉鎖しません。
引き続き、大助との思い出、外猫のこと、
そして、もし次に猫をお迎えすることがあれば
その日常を綴ってゆきたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
大助ちゃん、虹の橋を渡っていったのですね。
寂しいし哀しいことですが、
大助ちゃんが目を閉じたとき、苦しまずに安らかな様子だったことが、
せめても・・・ですね。

大助ちゃん、ベランダに出てお外を見るのが大好きでしたね。
黄色いハーネスがとても似合ってました。
お父さんと、とっても仲良しでしたね。
目の色が綺麗なハンサムニャンコでしたね。
いなくなってしまったのは哀しいですが、
大助ちゃんが大好きだった、そして大助ちゃんを大好きだったご家族、
そしてブログを見ていた方々の心の中に、
ずっと生きていますよ。
これからも、何かあれば更新、お願いします。
また遊びに参りますね。

2016/07/02(Sat) 22:37 | URL  | マク #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/04(Mon) 21:23 |   |  #[ 編集]
ゆーめく(大助)です
さくこ様
大助のためにコメントをありがとうございました。
親戚探しのサイトでメールをお送りしたのですが、
こちらのブログからも返信できるのを知り、だぶるかもしれませんがお送りします。
りんお姉ちゃんの体調、心配ですが、お大事になさってくださいね。
できましたら、お写真を送ってください。
ojiro27_dai316@ezweb.ne.jp
2016/07/06(Wed) 23:52 | URL  | ゆーめく #-[ 編集]
はじめまして
ichimiさんのブログから、大助くんが虹の橋へ旅立たれてしまったことを
知り、居ても立ってもいられず・・・。
初訪問にもかかわらずコメントしてしまいました・・・。
我が家も4月で10歳になった子が2にゃんずいるので、とても人事とは
思えず・・・。
大助くんが横たわっている姿を見て、涙がこみ上げてきてしまいましたが、
とてもキレイな寝顔ですね・・・・。
ちょっとずつ、前の記事に遡って読ませてくださいね。
どうか、安らかに・・・。
また、ゆーめくさんも少し時間が経ってからどっと精神的にきてしまう
かと思います・・・。どうぞ、ご自愛くださいませ。
長々と、失礼致しました。
2016/07/20(Wed) 19:05 | URL  | せい #/c2.ISBc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック