10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と弟猫たちの成長を綴っています。
2016年03月12日 (土) | 編集 |
前回記事のフエルト人形ちいちゃん、
お母さんのミケちんと再会です。

実は友人が通うフエルト作家の先生に
ミケの写真を送ってオーダーしておりました。

ミケが交通事故で虹の橋にゃんになってから
もうすぐ1年半。
ちいちゃんもいなくなって、10ケ月。

2016-03-12 10.22.14

大好きなお母さん。。。
去勢手術をしたのが早かったので、
大人になってもミケ母さんにべったりだったちいちゃん。
ミケちん、最後までちいと一緒で幸せだったね。


2016-03-12 10.21.47

(ミケ) こんにちは、、、息子とお世話になります。
     今日からよろしくお願いします。


2016-03-12 10.24.30

大助、仲良くしてあげてね。

実は、ちいにはタイガというお父さんと
フェンちゃんというお姉さんもいます。

この話はまた今度ね。


コメント
この記事へのコメント
このフェルト作家さん、知ってる~!
この間のちよだ猫まつりの大きなヘッドもそうでしたね。
以前、体験教室に行って、この箱座りのちいちゃんと同じ形のを作ったことがあります。
でも顔の形や、猫の模様がとっても難しい。
さすがにこれ、プロの技って感じですね~。
大助くん、仲良くしてあげてね(^-^)
2016/03/13(Sun) 23:32 | URL  | マク #-[ 編集]
ちょっと遅れてしまいましたが・・・
大助くん、お誕生日おめでとうございます!

ミケちゃん、ちいちゃんには他にもご家族がいたのですね。
親子でも模様が全然違うので、お父さんの模様が気になります。
お話楽しみにしています^^

羊毛フェルト、私も興味がありまして・・・
小さなサイズのミケちゃんとちいちゃん、
とてもかわいいですね^^
2016/03/18(Fri) 10:10 | URL  | カペリ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック