10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と次にゃん銀平の成長を綴っています。