10歳で虹の橋ヘ渡った大助の思い出と弟猫たちの成長を綴っています。
2016年09月27日 (火) | 編集 |
この度長野のキャッテリーさんから
正式に譲渡していただくことになりました。
この子が、「銀平」です。

2016-09-25 15.13.05

ちょっとオネムなお顔ですが・・・
色白なお顔と目の上のちょんちょんマークが大助に似ています。


2016-09-25 16.31.02

兄弟の中で一番大きく、ママのミルクでスクスクと育っています。
今、生後一か月ちょっと。
もう少しママに頑張ってもらって、うちの子になるのは11月上旬頃です。


2016-09-25 16.31.08

ボク、早く大きくなるからね。

銀平をどうぞよろしくお願いします。

・・・大助、また会えたね。
生まれてきてくれてありがとう。


2016年09月05日 (月) | 編集 |
そうなんです。
新しいニャンを迎える予定です。

大助の次は、保護猫と考えていたのですが、
急にいなくなってしまったので。。。
大助のこと、あきらめられないというか、
そういうと、新しい子に悪いかなとも思いつつ、、、

なので、次男くんもアメショさんです。
長野にあるキャッテリーさんは、ペットショップには卸さずに、
個人の方に直接譲渡していらっしゃいます。

出産予約をして生後1ケ月頃に見学に行き、
ご縁を感じればうちの子に。
そして譲渡可能な生後2ケ月頃までは
ママ猫や兄弟たちと伸び伸びと過ごします。

そして三男くん。
次男くんが子猫のうちに保護猫さんを迎えたいと思います。

fc2_2013-12-31_11-11-23-674.jpg

という筋書きですが、うまくいくかな?

虹の橋の長男大助は特別な存在。
新しい子たちとは比べないし比べられない。

2016年09月01日 (木) | 編集 |
大助が虹の橋に旅立ってから、早いもので2ケ月が経ちました。
まだ、思い出しては泣く日もありますが、

ボク、また生まれてお姉ちゃんちの子になる。。。

そんな大助の心の声を感じています。
勝手な思いかもしれませんが・・・

そして、長野のアメショーキャッテリーさんとの出会い。
8月24日に誕生した男の子を迎えたいと思います。

今度は一人っ子ではなく兄弟がほしい。
その子が小さいうちに、できれば弟くんは保護猫で。


2012-01-03 18.22.27

もうすぐ会えるね。。。moonrapin.com/